最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

外貨商品の特性を知って賢く選ぶ

  1. 2007/09/27(木) 12:33:54|
  2. 高金利!外貨預金とMMFの魅力|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
外貨預金をざっと理解するには、よい記事だと思いましたので、ご紹介します。
興味がおありでしたら、続きをよむ、から本サイトをご覧下さい。


(日経ビジネスオンラインより引用)

 個人投資家にも利用しやすい外貨建ての商品には、大きく分けて「外貨預金」「外貨建てMMF(マネー・マネージメント・ファンド)」「外国為替証拠金取引(FX)」などがある。

 商品の特性によって、金利収入を重視した長期投資に適したものから、為替差益を狙った短期投資が可能なものまで様々だ。投資の目的やスタイルを基に、商品の特性を見てみよう。

 外貨預金は、主な銀行で取り扱われている最も身近な外貨建て商品の1つ。円預金と同様に普通預金と定期預金とがあり、後者の方がより有利な金利設定になっているのが一般的。ただし、通常、定期預金の途中解約はペナルティーが科され、為替手数料が相対的に高めになっているので、必然的に長期投資が前提となる。

 外貨のまま引き出すには手数料がかかるが、金融機関によってクレジットカードやトラベラーズチェックの決済にも使えるので、国際派には利便性が高い。

 外貨建てMMFは、預金のような元本の保証はないものの、短期国債を中心に安全性の高い運用を行うことができる。原則として購入した翌日から自由に解約でき、流動性が高い。一般的に外貨普通預金に比べ利回りが高く設定されていること、為替手数料が安いことから、短期の売買に使いやすい。また、毎月末、実績に応じた収益分配金が加えられ、自動的に複利運用が行われるため、金利上昇時には長期投資でもメリットが高い。

 FXは、近年新しく登場した商品。取引にかかるコストが割安で、ほぼリアルタイムの為替レートが適用されるため、短期的な為替レートの変動を狙いやすい。手元資金の数倍から数百倍の為替取引ができる点や、外貨の「空売り」で円高局面にも利益を得るチャンスがある点など、他の商品と比べて自由度が高い。

続きはこちら

DTIブログって?